遺言書作成

遺言書の作成について土浦相続税申告相談室の専門家がわかりやすくご説明いたします。
円満な相続を実現してもらうために、遺言書の作成は非常に有効な手段です。

遺言書の作成をしたい。遺言書について悩みがあるという方は下記の説明をご参考にしてください。また、分からない事がある、専門家に相談したいという方は当相談室にご相談ください。
当相談室は、土浦を中心に親身に対応し、お客様に一番最適なアドバイスができるように心掛け対応をさせて頂いております。

 

遺言書の作成はなぜ必要なのか

遺言書は故人が残されたご家族に、自分の財産について”どのような方針で分けてほしいかを明確に伝えるものです。そのため、故人の最期の意思として重要な役割をもち、原則として相続手続きは遺言書の方針に沿って進んでいきます。

もし、故人が遺言書をのこさずに亡くなられた場合は、残されたご家族は相続人全員で行う「遺産分割協議」という話合いを通じて、遺産分割の方針を決めることになります。相続は多額の財産が絡むことも多いので必ずしも円満に話し合いができるとは限りません。残念なことにこの遺産分割協議をきっかけにトラブルへと発展し、家族や親族の関係性が崩壊するというケースも珍しい話ではありません。

遺言書をのこすということは、自分の財産について明確に意思表示をすると同時に、こういった無駄な争いを避けるための方法でもあります。

 

作成するなら法的に有効な遺言書

遺言書の大切さや役割については少しご理解をいただけたかと思いますが、この遺言書には「種類」や「書き方(ルール)」があります。遺言書を作成される際は、遺言書の種類による特性の違いをきちんと理解したうえで、定められたルールに従って作成をする必要があります。

せっかく遺言書を作成しても、ルールから外れていると法的には無効になってしまいますので、実際の相続手続きで使用することができません。そうなってしまうと、せっかく作成した遺言書は何の意味も成さずに、結局相続人同士が1から話し合って決めなくてはいけません。

遺言書を作成する際には下記の項目を整理しましょう

  • 財産はどのくらいあるのか
  • ”誰に”、”どのくらい”渡すか
  • 作成する遺言書の方式はどれにするか
  • 遺言書を作成するうえでのルールはなにか

遺言書の作成をする場合はご自身の意志を明確にし、残されたご家族が困らないように作成しましょう。

 

土浦相続税申告相談室では遺言書の作成についてもご相談を受け付けております。遺言書の作成にご不安がある方はお気軽にお問い合わせください。

遺言書作成について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方