遺言書作成時の財産調査

遺言書作成の際には財産調査をすることが重要となります。ここでは遺言書作成時の財産調査についてご説明させていただきます。

 

遺言書作成時の財産調査の必要性

遺言書があった場合にも、遺言書に記載のない相続財産が見つかった場合には、相続人はその財産について遺産分割協議をしなければならなくなります。したがって、遺言書の内容と実際の相続財産に相違があると相続人は困ってしまうだけでなく、遺産分割のトラブルに発展してしまうことも考えられます。

これでは遺族のためにせっかく作成した遺言書も逆効果となってしまいますので、このような事態にならないように、遺言書の作成時に財産調査をおこなうことは重要となります。

 

財産調査でおこなうこと

  • 預貯金(口座)の確認
  • 不動産登記、不動産評価の確認
  • 生命保険の契約、保険金の金額の確認
  • 有価証券(株式など)や金融資産の確認
  • ローン等の債務の確認
  • 過払い金の確認
  • 相続税の課税対象となるかの確認 など

財産調査では上記のような内容を確認します。
財産調査の方法が分からない方やご自身で調査するのが大変という方は専門家に依頼をすることもできます。遺言書はしっかりと財産調査をし、詳細を記載して作成しましょう。

 

土浦相続税申告相談室では財産調査のご依頼も受け付けております。当相談室では相続に関するお困りごとを専門家がご案内をさせて頂いております。土浦近郊にお住まいの方は是非、土浦相続税申告相談室へお気軽にご相談ください。

遺言書作成について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方