日本・海外で二重課税を防ぐ控除

被相続人によっては財産が日本だけでなく海外にもある場合もあるでしょう。海外にある相続財産に対し、海外で相続税に相当する税が課税された場合、日本で同じ相続財産に対し重複して課税されることを防ぐために相続税では外国税額控除という控除特例が設けられています。

 

海外に相続財産がある!外国税額控除

前述の通り外国税額控除の目的は、日本と海外で同じ相続財産に対して二重に課税されることを防ぐためにあります。したがって外国税額控除は相続によって海外にある相続財産を取得し、尚且つ海外において相続税に相当する税が課税された場合に受けられる控除となります。

 

控除額

控除される額は下記(1)、(2)のいずれか「少ない方」の金額となります。

(1)海外で支払った税金の額

(2)相続税の額  × (海外にある財産の額/相続人の相続財産の額)

 

亡くなった被相続人が海外に財産を保有していた場合には上記の外国税額控除の適用を受けられる可能性がありますので詳細は専門家に相談をされることをお勧めします。

相続税の各種控除について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方