相続税の控除〈葬儀費用〉

葬式費用は、相続財産から差し引くことができます。したがって葬式費用は課税の対象ではありません。ではどのような費用が葬式費用に該当するのでしょうか。下記より確認していきましょう。

 

葬式費用に該当するもの

葬式費用とは、「葬式を行うにあたり必ず発生するであろう費用」になります。したがって、葬式を行うにあたり、必ず必要なものは葬式費用に該当しますが、葬式に必要のないものについては控除の対象にはならないということです。

申告する際には葬式を行う上で発生した費用の支払い日と何の支払いであるのかの領収書やメモがあれば、葬式費用として控除することができます。

下記のような費用が葬式費用に該当します。

  • 埋葬、火葬、納骨にかかった費用
  • 遺体の捜索、死体や遺骨の運搬費
  • 通夜や告別式当日に参列者に渡す会葬御礼費用
  • 通夜、告別式に際し葬儀会社に支払った費用
  • 通夜、告別式に係る飲食費用
  • 葬儀に関しお手伝いしてもらった人などへの心付け
  • お寺、神社、教会などへ支払ったお布施、戒名料、読経料など

※領収書がもらえない費用については、支払い日と支払い先をメモしておきましょう。

 

葬式費用に該当しないもの

葬式を行う上で必要のないものは葬式費用に該当しません。例えば下記のような費用になります。

  • 香典返戻費用
  • 墓碑、墓地、位牌等の購入費用や借入料
  • 法会に要する費用(初七日、四十九日、一周忌法要などに関する費用)
  • 遺体の解剖にかかった費用

 

以上が葬式費用の控除の概要になります。相続税の申告をする必要がある場合には、上記の葬式費用に該当する費用を控除することができますので、しっかりと確認しておきましょう。相続税の申告は、こういった細かい計算が必要となってきます。相続税申告でお困りの方は、ご自身で行うには時間も労力も消費してしまいますので、一度土浦相続税申告相談室へご相談ください。

相続税の各種控除について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方