生命保険で生前対策

ここでは生前にできる相続税の対策として、生命保険の活用についてご説明をしていきます。

 

相続税においての生命保険の取り扱い

生命保険は相続税において非課税限度額というものあります。

生命保険の非課税限度額

生命保険の非課税限度額=500万円×法定相続人の数

例)法定相続人の数が5人の場合には、2,500万円(500万円×5人)まで非課税で保険金を受取ることができる

上記のように被相続人が加入していた生命保険で、相続人が受取人になっている場合、全ての相続人が受け取った生命保険金の合計金額が非課税限度額内である場合には相続税はかからないということになります。生前の相続税対策としては、受取金額がこの非課税限度額以内に収まる金額で生命保険に加入しておくと良いでしょう。

 

相続人にとっての保険金

生前対策として非課税枠で現金を贈与するという方法もありますが、生前に子どもに現金をそのままで贈与してしまうと、子どもがきちんと管理できるとは限りません。また、ご自身に何かあった時に、もう現金が無くなってしまっているという可能性もあります。
そのような場合にも、自分に何かあった時のために受取人を子どもにした保険に加入しておくことで、相続が発生した際、万が一相続税がかかった場合などにも受け取った保険金から支払うことができますので、子どもが困ることのないように備えることが可能です。

生命保険金は現金で一括して支払われるため、相続人にとっては非常にありがたい財産となるでしょう。

 

生前にできる相続税の対策には、生命保険の活用以外にもさまざまなものがあります。ご検討されている方は専門家にご相談されることをおすすめします。

土浦相続税申告相談室では相続税申告の実績のある専門家がお客様のご相談に対応しております。相続税の生前対策についてご検討されている方で土浦近郊にお住まいの方は、是非当相談室へお気軽にご相談ください。

生前対策と相続税について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方