相続税申告のペナルティ

相続税の申告には期限がありますので、期限が過ぎてしまうと本税に加えて延滞税や加算税や利子税が発生してしまいますので注意が必要です。また、期限が過ぎてしまったことにより、控除や特例が適用できず、本来は支払わなくてもよかった税金を支払う事になってしまいます。したがって、相続税の申告期限には十分注意しましょう。

このように相続税にはペナルティーがあります。ここでは相続税申告におけるペナルティーについてご説明させていただきます。

相続税申告には基礎控除というものがあり、遺産総額がこの額を超えない場合には相続税の申告をする必要はありません。これまで、相続税の申告というと裕福なご家庭での手続きという認識をされている方が多かったのではないかと思いますが、平成27年の税改正により、基礎控除額が下がりました。

5,000万円+(1,000万円×相続人の人数)=基礎控除額
3,000万円+(600万円×相続人の人数)=基礎控除額となりました。

この改正によってこれまでよりも多くの相続で相続税申告が必要となり、決して他人事ではなくなりました。まずは申告が必要かどうかしっかり確認しましょう。

 

延納税・加算税について詳しくはこちら>>

 

特例を適用するにはまずは申告が必要!

相続税申告には様々な特例や控除があります。これらを適用して最終的に非課税になるというケースもございますが、適用するにはまずは期限内に相続税申告をすことが要件になっています。

相続税申告の期限は、相続が開始された日の翌日から10か月以内となっております。この期間までに、遺産分割を完了し、相続税申告に必要な書類を添付して税務署に申告をします。申告をして初めて特例や控除が適用されますので最終的な納税額がゼロであっても、申告は必ず期限内に行う必要があります。

 

税務調査

税務調査とは相続税申告をした財産について税務署が実際に調査しにくる手続きをいいます。
このとき、納めた税金の金額が少なくなったような場合には、ペナルティとして追徴課税や延滞税といった形で追加の税金がかかってしまいます。

税務調査についてくわしくはこちら>>

税務調査により無申告や申告漏れの場合にも発覚してしまいますのでペナルティにより本来支払う必要のない税金まで支払ってしまうという事態も起こりえます。相続税申告のプロに依頼することにより、費用をご心配されていると思いますが、正しい申告を行う事によりペナルティを課せられることを防ぎ、余計な時間とお金を使ってしまうリスクは避けられます。
相続税の申告でお困りの方は、土浦相続税申告相談室へお気軽にお問い合わせください。

 

相続税申告のペナルティについて

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方