延滞税と加算税

相続税の納付期限までに何かしらの事情で納付ができなかった場合はペナルティとして「延滞税」や「加算税」が一定の税率で課されることになります。申告期限に財産が見つかってしまって期限に間に合わなかったり、一度申告した相続税の計算に誤りがあった場合にも、期限内に正しく申告できていなかったとしてこれらの税が課されます。

具体的な内容は以下のとおりです。

 

延滞税

税金が定められた期限までに納付されない場合には、原則として法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。税率については期間や日数に従い細かく設定されています。

過少申告加算税

修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税がかかります。この過少申告加算税の金額は、新たに納めることになった税金の10%相当額です。ただし、新たに納める税金が当初の申告納税額と50万円とのいずれか多い金額を超えている場合、その超えている部分については15%になります。

無申告加算税

期限後に申告をすると、納める税金のほかに無申告加算税が課されます。納付すべき税額に対して15%~20%の割合を乗じた金額となります。なお、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、この無申告加算税が5%の割合を乗じて計算した金額に軽減されます。

重加算税

財産を隠蔽したり・財産に関する書類を偽造するなど、意図的に脱税行為を働いた場合に課せられるのが重加算税です。相続人の悪意をもって行っていることから、そのペナルティは非常に重いものとなっています。隠蔽や偽造を行った上で相続税申告をしている場合は本来の税額に35%を乗じた額を、相続税申告自体もしていない場合には40%を乗じた額を納付する必要があります。

 

相続税申告のペナルティについて

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方