相続税の申告漏れ

相続税の申告期限は被相続人が亡くなった日から10ヶ月以内です。厳密には、被相続人の死亡の日(相続の開始があったことを知った日)の翌日から10ヶ月目の日と定められています。該当する日が土曜日・日曜日・祝日に当たる場合には、これらの翌日が相続税の申告期限となります。

 

相続税申告の漏れ

相続税の申告漏れは、”申告をしなかった”というだけではなく、申告自体はしたが”申告すべき財産を見逃していた・漏れていた”場合にも当てはまります。

国税庁の調査によると、相続税の申告漏れは非常に多いという結果が報告されています。申告漏れがある財産として、特に多いのが「現金・預貯金」です。被相続人名義の預貯金であれば通帳などから財産を特定することは簡単ですが、相続税申告では生前に相続人へ贈与された現金も計算に含める必要があり、それらの金銭が申告から漏れてしまうケースも多くあるようです。具体的には、相続開始前3年以内の被相続人から相続人への生前贈与は相続財産として計算する必要があります。

 

相続税の申告漏れをしてしまったら

申告する相続財産に漏れがあることが発覚したら、修正申告することになります。この場合、ペナルティとして延滞税」と「過少申告加算税」を納付しなければなりません。相続税のペナルティは他と比べて重く、追徴される税金も高額になることが多くあります。申告期限からしばらく経ってから連絡がくることがほとんどであり、金銭的にも精神的にも相続人の負担が大きくなってしまうと言えるでしょう。こういったペナルティはやむを得ない場合を除き、回避できるよう準備や対策をしておくことが必要となります。

 

どういった状況においても、より正確な申告書を作成し、期限内に申告をすることが重要となります。相続税について特化している専門家へ早めに依頼し、ペナルティのリスクをしっかり回避しておきましょう。土浦相続税申告相談室へお気軽にご相談ください。

 

相続税申告のペナルティについて

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方