相続税における税務調査

ここでは相続税における税務調査についてご説明していきます。

税務調査とは、国税庁の管轄下にある組織(税務署など)が、納税者が正しく税務申告しているかを確認するために行う調査のことをいいます。相続税においてもこの税務調査がありますので、下記にて確認をしていきましょう。

 

税務調査の流れを確認しよう

1)調査が入ることになった場合には電話で税務調査の依頼について連絡がきます。

2)実際の調査日:ほとんどの調査は1日で終わることが多いとされています(午前中に調査官から聞き取り調査/午後は通帳などの具体的な資料の調査)

3)追加で調査が必要な場合等の期間を加味し、トータルで1ヶ月~3ヶ月ほどで調査が終了します。

 

どのような財産が調査される?

相続税の課税対象となる財産には様々な財産がありますので、税務調査の対象となる財産も様々になります。
注意が必要なものに「名義預金」があります。名義預金とは、口座名義人と実際に預け入れている人が異なる預金のことを言います。口座名義人が家族になっているが実際にお金を預けていたのが被相続人である口座の場合、預金は「みなし財産」と呼ばれ、被相続人の財産として相続税の申告をする必要があります。このような財産が申告漏れとして指摘される場合がありますので申告の際には注意が必要です。

 

申告漏れや過少申告を指摘されたら

税務調査にて申告漏れや過少申告を指摘された場合には、「修正申告書」を提出し納税をする必要があります。

この時に納税する税金には本来納税すべき期限までに納税されなかった税金に対してのペナルティとして延納税があるほか、申告漏れや過少申告に対するペナルティとして過少申告加算税 、無申告加算税、重加算税に当てはまるものが課税されます。

 

相続税の申告で不安がある方で土浦近郊にお住まいの方は土浦相続税申告相談室へお気軽にご相談ください。

相続税申告のペナルティについて

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方