相続税申告と遺言書の有無

遺言書がある場合の相続税申告

遺言書がある場合の相続では、遺言書の内容によって手続きの進め方や課せられる税金も異なってきます。遺言書では、法定相続人以外にも財産を与える事が可能な遺贈も可能であるため、相続か遺贈かによっても相続税は変わってきます。

例えば遺言の内容が、配偶者に相続させるという場合には、配偶者控除が適用できる場合には法定相続分相当または1億6000万円まで非課税となります。このようにどの財産を誰が相続するのか、法定相続人以外への遺贈なのかなど、遺言書の内容によってかかってくる税金が異なってきます。このような判断は、遺言書を見ただけでは難しいという方も多いのではないかと思います。遺言書があり、相続税の申告が必要だか、課税価格はどれくらいになるのか、控除や特例は適用できるのかなどについてお困りの方は土浦相続税申告相談室へお気軽にお問い合わせください。

 

遺言書がない場合の相続税申告

遺言書がない場合には相続手続きの流れを参考に、相続人調査、相続財産の調査を行い、遺産分割協議によって決まった内容で財産を各相続人の名義に変更していきます。相続税申告がある場合には、これらの手続きを速やかに進めていかないと、相続税申告の期限に間に合わないといった事態になりかねませんので、遺言書がない場合には速やかにこれらの手続きを進めていきましょう。

相続税申告の期限は、相続が開始された日の翌日から10か月以内となります。遺言書がなく、遺産分割協議によって遺産の分割を決める場合には、期限内に進めていかなければなりません。万が一、遺言書がなく、遺産分割協議をする必要があるが分配方法が決まらず、相続税申告ができないという場合にはお早目に相続税申告専門の税理士へご相談されることをお勧めいたします。

期限が過ぎてしまうと本来払う必要のない税金が課税されてしまいますので、遺産分割が決まっていない状態でも、まずは専門家にご相談ください。

遺言書がある場合、ない場合の相続税申告について、お困りの方はお気軽に土浦相続税申告相談室へお問い合わせください。

     

     

    相続税申告について

    営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

    • 事務所へのアクセス
    • 事務所案内

    土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

    • 採用情報

    相談事例Q&A

    ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

    • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方