相続税とは

まず相続税に関する基礎知識を整理していきましょう。

そもそも相続税とは、被相続人の死亡により発生した相続で、相続人等が取得する財産について課税される税金のことです。また、遺言によって譲り受けた財産についても相続税が課税されますので、財産の受遺者も相続税申告の対象となる可能性があります。

かし相続税は、相続した財産の全てに課税されるのではありません。預貯金や不動産といった資産から債務や葬式費用などを差し引いた財産にかかるのです。さらに、実際の納税額はここから基礎控除額が差し引かれます。

 

基礎控除の額は

3000万円+600万円×相続人の数

といった計算方法で求めることが出来ます。
この基礎控除額を超えた分につき相続税がかかる仕組みになっております。

税率はこの基礎控除額のけた部分に応じて決められ、その額が大きければ大きいほど、税率が高くなっていきます。

 

相続税の申告の期限について

相続税の申告期限は、相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人が死亡した日になります)の翌日から10ヶ月以内となっています。相続税申告書の提出先は被相続人の死亡時の住所が日本国内にあった場合、その亡くなった方の住所地の管轄税務署となります。財産を取得した人の住所地の管轄税務署でないので注意が必要です

提出書類は被相続人から相続によって財産を取得した人が共同で作成します。何らかの事由により共同による作成と提出が不可能な場合には、別々に申告書を提出することも可能ですが、このとき、相続税の総額や相続税の額を一致させることが必要になります。税務調査のリスクが高まらないように、慎重に提出書類を準備することが重要になります。

 

 

相続税は、専門性の高い分野で手続きの難易度も高い分野です。実際に全ての税理士が相続に強いわけではないのが実情ですので、土浦相続税申告相談室では必ずその税理士が本当に相続に強い専門家であるのかを慎重に判断することをお勧めいたします。

土浦相続税申告相談所は相続を強みとする事務所ですので、ぜひ一度土浦相続税申告相談室へお気軽にご相談ください。

相続税申告について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方