相続税とはどんな税金?

被相続人の財産を相続、遺贈、または相続時精算課税制度による贈与にとって取得した人に対して課税される税金を相続税といいます。財産を相続したら必ず課税されるというわけではなく、相続財産合計が相続税に係る基礎控除額を超えた部分が課税対象となりますので、相続した財産の合計額が基礎控除額を下回る場合には相続税は課税されず、相続税申告も必要ありません。

ただし、小規模宅地等の特例などを適用したことで課税価格合計額が基礎控除額以下となった場合には、相続税申告をする事が要件となっておりますので申告する必要があります。

 

相続税申告について

相続税は、前述したとおり相続財産の合計額が、相続税における基礎控除額を超えた部分について課税され、その税金についてを税務署へと申告する手続きを相続税申告と言います。こちらでは、相続税申告についての注意点を説明していきますので、きちんと確認しておきましょう。

 

申告には期限がある

相続税の申告とその納税には期限が決められています。期限は、相続が開始されたことを知った日の翌日(通常は死亡日)の翌日より10ヶ月以内です。この申告期限を過ぎてしまった場合には、納税額に加えて、延滞税や無申告加算税等の税金が追加で発生します。

 

納税金額は自分で計算(国税)

相続税の納税金額は、自身で計算をして算出をします。ここが住民税や固定資産税などと違う点です。国からの通知もありませんので、自分で相続財産の調査をして税額を計算しなければなりません。この計算においての重要ポイントは、この相続財産の調査相続財産の評価にあります。

 

相続財産の調査

相続財産については、相続税法の申告ルールに沿って算出をしなければなりません。相続税法により定められた課税対象の財産について一つ一つ調査をします。課税対象の財産が申告から漏れていた場合には、追徴課税などを課される事もありますので注意しましょう。

 

相続財産の評価

相続財産の評価は、現金預金であればその金額が評価額となりますが、その他不動産などの評価は見たままの評価ではありませんので注意が必要です。この財産の評価についても、決められてルールがありますので、自分の勝手な判断で評価額を決めることは出来ません。

相続税における不動産の評価は、税理士でもかなり難易度の高いものになります。評価方法が非常に専門的であり知識と経験が必要となりますので、評価をする税理士により評価額が変わり、結果納税額にも差がでてまいります。

また、相続についての知識を持ち合わせていない税理士事務所では、そもそもこの相続税についての相談を受けていないという場合もあります。相続税専門の税理士へと依頼する事で、可能な限り適正に納税金額を抑える事が可能になります。

相続税申告について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方