貸家建付地

ここでは相続税において貸家建付地に対して小規模宅地の特例を適用する場合についてご案内させていただきます。

貸家建付地とは?

貸家建付地とは、所有している土地に建てた家屋を他者に貸し付けている場合の、”その土地”のことを指します。この貸家建付地である土地についても、相続財産の評価の際に小規模宅地の特例を適用することができますので、下記にて確認をしていきましょう。

貸家建付地における小規模宅地の特例について

貸家建付地である土地は、第三者に賃貸している土地となりますので、”貸付事業用宅地”として小規模宅地の特例の提要により評価減が可能な場合があります。相続税の計算では貸家建付地評価をした後の評価額に小規模宅地の特例の計算式を適用することになります。

ただし、貸家建付地評価ができる土地でも小規模宅地の特例が適用できない場合があります。土浦 相続税申告相談室ではこのような土地についての相続税申告については専門家に依頼されることをおすすめしております。

土浦 相続税申告相談室を運営している清野宏之税理士事務所は相続専門特化部門のある相続税申告に強い事務所です。相続税申告でお困りの方は土浦相続税申告相談室へお気軽にご相談ください。

小規模宅地の特例について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方