不動産の名義変更

ここでは不動産の名義変更についてご説明をいたします。
相続や贈与などにより不動産を取得した際には不動産の名義変更が必要です。

不動産の名義変更の手続き自体には期限が決められていないために、長い間放置されてしまう場合も多く見受けられます。しかし、不動産の名義変更手続きを後回しにしてしまうと、後々にトラブルとなるケースもありますので、土浦相続税申告相談室では不動産を取得した際には、早めに名義変更の手続きを行うことをおすすめしております。

不動産の名義変更の手順は下記のような流れになります。

 

不動産を相続した際の名義変更

1:相続人の調査
被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍謄本を収集することで相続人の確定をします。被相続人の全ての戸籍謄本がないと相続人の確定ができず、不動産の名義変更の手続きも受理されません。

2:相続財産調査
相続財産となる不動産の調査をおこないます。被相続人が所有している不動産の情報を市町村や法務局で確認して特定します。

3:遺産分割協議書
遺言書がない場合や法定相続分で相続する場合以外には、遺産分割協議書の作成をおこないます。遺産について誰がどの遺産を相続するのか話し合いをし、相続人全員の署名と実印を押して協議書を完成させます。

4:不動産の登記申請
不動産の名義変更のために必要な書類が揃ったら、不動産の所在地を管轄する法務局に申請をします。
申請はご自身で行う事もできますが、法務局へ出向く時間がないなどの場合にはオンライン申請が可能な司法書士へ依頼することも可能です。
(必要な書類については下記にご説明をします)

5:登記識別情報の取得
不動産の名義変更が完了したら法務局発行の「登記識別情報通知」の受け取りをします。
登記識別情報は従前の権利証と同等のものとなりましたので法改正により現在は権利証の発行はなくなりました。
司法書士へ依頼した場合、司法書士が代理で受領しますので、依頼した司法書士から受け取ります。

 

不動産の名義変更に必要な書類

不動産の名義変更に必要な書類は基本的なものは以下のとおりとなります。遺産分割の協議内容によっては必要な書類は異なりますのでご注意ください。

法定相続人が一人の場合や法定相続分で相続をする場合

  1. 相続する不動産の固定資産評価証明書
  2. 被相続人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本
  3. 法定相続人全員の現在の戸籍謄本
  4. 法定相続人全員の住民票

 

遺産分割協議によって決めた割合で相続をする場合

  1. 遺産分割協議書
  2. 相続する不動産の固定資産税評価証明書
  3. 被相続人の出生~死亡までの全ての戸籍謄本
  4. 法定相続人全員の現在の戸籍謄本
  5. 法定相続人全員の印鑑登録証明書
    (遺産分割協議書作成後3ヶ月以内のもの)
  6. 法定相続人全員の住民票

 

土浦 相続税申告相談室では協力先の司法書士と連携して不動産の名義変更についてもご対応が可能でございます。安心してご相談・ご依頼ください。

財産の名義変更について

営業時間8:30~17:30(土日祝日除く)

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

土浦 相続税申告相談室では、お客様のお悩みについて親身にお手伝いさせていただきます。専門家が、安心のサポートを実現いたしますので、茨城・土浦近郊にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

  • 採用情報

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方